お知らせ

7月のお便り

07

梅雨空が続く毎日です。いかがお過ごしでしょうか。 雨が続くと洗濯物が乾きにくく憂鬱です。梅雨の晴れ間の貴重な洗濯日和には、外干しのタイミングを逃さず、また新型コロナ感染症予防で習慣化したソーシャルディスタンス同様、物干し竿にも洗濯ものの間隔をあける、ランドリーディスタンス(?)でカラッと乾燥させたいものです。 文月(ふみづき/ふづき)の語源は、短冊に歌や文字を書いて書道や手習いの上達を祈る7月7日の七夕に因み、「文披月(ふみひらづき)」が転じたと言われています。 七夕は別名「笹の節句」「星祭り」とも言われ、織り姫と彦星のロマンチックな星物語から始まります。夜空の美しい七夕の夜に、天の川にひとき…

続きを読む

6月のお便り

06

さわやかな新緑の季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 新型コロナウイルスの影響による、学校の休校、外出の自粛、三密を避ける生活スタイルの習慣化などで、少しずつ制限が緩和されてきました。気がつくと体力がずいぶん衰えていたり、親しい方ともご無沙汰していたり…。心も身体も疲れ気味のような気がいたします。 気持ちを新たにウォーキングなどで緑の美しい季節を楽しむのも良いかと思います。 水無月は陰暦6月の別名で、暑さで水が涸れるところから、水無月(みずなしづき)とも、田植えに多くの水を必要とすることから水無月(みずのつき)ともいわれます。 昨今の気候変動の波は昔ながらの日本の四季にも変化を及ぼし…

続きを読む

05

5月の別名「皐月(さつき)」の「さ」は、耕作を意味し、 田植えをする月から「さつき」になったといわれています。 また、早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」といわれていたのが、後に短く略されて「さつき」、「皐月(サツキ)」となったともいわれ、優しい緑がイメージできる季節です。 新緑の美しい中、本来なら行楽シーズンであり、様々なイベントや楽しい計画が続くはずでした。 感染拡大する新型コロナウイルスの影響が世界中に及び、学校の休校、外出の自粛に始まり、仕事と生活スタイルが大きく変わってしまいました。ゴールデンウイーク明けまでの外出自粛要請がはたして解除の方向となるのでしょうか、経済活動が改善されて…

続きを読む

4月のお便り

04

卯月(うづき)は、白い卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものといわれ、清楚な花の眩しい季節が由来となっています。 次第に暖かなくなる春先ならではのイベントが盛りだくさんの中、2020東京五輪が2021年夏までに延期されるなど、新型コロナウイルス感染拡大の影響が広がり続けています。 楽しみにしていたお花見や、様々な外出の計画も自粛のようです。感染対策には危機感を持って、十分な衛生管理でウイルスに立ち向かって行きましょう。 旬彩菓たむらでは、ただいま桜の塩漬けを一輪添えた「花見だんご」が好評です。三色の花見団子は、それぞれの色に意味があります。ピンクは桜の花のつぼみ、白は満開の桜、…

続きを読む

3月のお知らせ

03

いよいよ弥生三月、いかがお過ごしですか。 弥生の「弥」という字には「いよいよ・ますます」という意味があり、 弥生は「草木がいよいよ生い茂る月」といわれます。 あたたかな陽気に誘われて、土の中で冬を過ごした虫たちが顔を出し、微笑むように桃が蕾をはじかせ、巡る季節は、はれやかな春の色に変わり始めています。 店内は今、春のお菓子で華やいでいます。 「さくら餅」、「草餅」、いちごをまるごと包んだ「いちご大福」をはじめ、旬の素材を吟味して手作りする春のお菓子たち、おひな様の可愛らしい上生菓子も登場しています。 今年のホワイトデーには「ハートの最中」をご用意しています。香ばしい焦がし皮の風味たっぷりの愛ら…

続きを読む

2月のお便り

02

春の訪れが待たれる頃となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 旬彩菓たむらは1930年創業、季節に寄り添い、感動を膨らませ、その彩りをお菓子に表現する和菓子を原点に歩んでまいりました。 お陰さまで創業90周年を迎えます。あらためまして、伝統を守る中で、新しい感性と自由な発想を大切に、おいしいお菓子でお客様に笑顔をお届けできますよう、社員一同心がけてまいる所存です。 2月14日(金)15日(土)16日(日)の3日間、日頃ご愛顧いただいているお客様に感謝の気持ちを込め、本店にて「和三盆と豆と米」をテーマに創業祭を開催いたします。 味わいも口どけも研ぎ澄まされた四国伝統の和三盆、ふくよかな北海道…

続きを読む

1月のお便り

01

新年あけましておめでとうございます。 今年一年が皆様にとって幸多き年となりますよう、お祈りいたします。 旬彩菓たむらは、本年も自然に寄り添い、季節を愛でながら、お客様を笑顔にする美味しいお菓子を心を込めてお届けしてまいります。ますますのご愛顧を何卒よろしくお願い申し上げます。 お正月のお膳に、お客様のおもてなしに、「花びら餅」をご用意いたしました。平安時代の祝い膳に由来すると伝えられ、押鮎に見立てた牛蒡と味噌を丸く伸ばしたお餅で包んでいます。ほのかに映る薄紅色で初春をお届けしています。 新年の門出をお祝いする「迎春の上生菓子」は、愛らしい干支、松竹梅、鶴亀、目出鯛などお正月の趣と縁起を取り入れ…

続きを読む

12月のお便り

12

師走は師が走り回るほど忙しいと言う意味がありますが、 12月を迎えると、一年の何と短いことか、師でなくても小走りするほど気ぜわしさを感じます。 二十四節気では7日が「大雪(たいせつ)」。平地でも雪が降り、本格的な寒さがやって来ます。その2週間後の22日は一年で最も昼が短い日「冬至」です。 冬至は、太陽が生まれ変わると考えるため、陰極まって陽が生ずることから、「一陽来復」を意味する日です。 冬至を境に日が伸びていくので、上昇運に転じる日と考えられています。 そして運の良い春を迎えようと、運「ん」のつく南瓜(なんきん)、金柑(きんかん)、銀杏(ぎんなん)、人参(にんじん)、蓮根(れんこん)、寒天(…

続きを読む

11月のお便り

11

このたびの台風19号によって、関東甲信越から東北地方全域まで広範囲に水害が発生し、大きな被害を受けた地域の皆様に心からお見舞いを申し上げます。 日々冷気が増していく中での復興に際して、お体には十分お気をつけていただきたいと思います。 11月の別名「霜月(しもつき)」は、文字通り霜が降る月で、「霜降り月(しもふりつき)、霜見月(しもみづき)」の略とされています。霜が降り、錦秋の山々が雪化粧を始める季節です。 そんな秋日和の中、七五三参りの晴れ着姿のご家族に出会います。微笑ましく見つめていると幸せのおすそ分けをいただけそうな気持ちになります。 七五三のお祝いに、お健やかな成長をお祈りしながら旬彩菓…

続きを読む

10月のお便り

10

10月「神無月」は全国から八百万(やおよろず)の神々が、こぞって島根の出雲大社に参集し、縁結びの相談や酒造り、農作物の収穫や漁労など、向こう1年間の様々な神議をするといわれています。 台風接近でお天気模様の心配な中、信州の神々も出雲へお出かけ中ですが、お出迎えする頃には菊の花も満開、紅葉が山を装う錦秋の「日本晴れ」となりましょう。 日本晴れの夜には美しい月明かりが楽しめます。 十五夜(中秋の名月)から約1か月後の10月に巡ってくる十三夜は、十五夜に次いで美しい月といわれ、昔から大切にされていました。お供え物をして豊作を感謝する秋の収穫祭の一つではないかと考えられていたようです。 信州でもたくさ…

続きを読む

旬彩菓たむら 本店

所在地 長野県長野市伊勢宮1-18-14
TEL 026-228-9235
FAX 026-223-9235
営業時間 9:00~18:00
定休日 月曜日
駐車場 あり(8台)

旬彩菓たむら ながの東急店

所在地 長野県長野市南千歳1-1-1
ながの東急百貨店 地下1F
TEL 026-226-8181
(ながの東急代表)
営業時間 10:00~19:00
定休日 ながの東急百貨店に準ずる
駐車場 ながの東急百貨店駐車場をご利用ください

ながの東急百貨店のサイトを見る